HOME > 恋愛講座 > こんな不倫の恋

こんな不倫の恋

「お願い、あたしを抱いて欲しいの...」

言うつもりじゃなかった。
抱かれなくても、幸せなはずなのに...。
本当に愛されているのか解らない不安。
抱かれることで、この不安がなくなる気がしてた

彼はあたしの頭を優しくなで、「ダメだよ」と微笑んだ。

もう、不安の限界だった
好きの言葉だけじゃ、足りなかった
愛してると言うステキなプレゼントじゃ満足できなかった。

あたしは、強引に彼の唇に自分の唇を押し当て、舌を絡ませようとした
でも彼はあたしを求めようとはしない

彼の耳を軽く噛み、首筋を優しくなめようとした時
彼はあたしの肩に手を置き、ゆっくり彼の身体からあたしを離した。

「俺だって君を抱きたいと思ったことはある」
「だったら...」
「でも...君が将来結婚する男が悲しむだろ?」
「...そ、そんなの関係ないじゃない...今あたしが好きなのは...」

彼はあたしを抱き締めて、それ以上何も言わせては、くれなかった

さっき強引に奪った唇...何年ぶりなんだろう。

傍にいるだけで、胸の高鳴りを感じ、ドキドキしている自分
「好き」を伝える言葉じゃ足りないくらい...
微笑まれるだけで切なくなる。

そんな恋愛を10年...。

抱かれない女は...男にとって魅力がないのか...。
抱かれることで、不安は消えるのかは解らない。
でも...「抱かれない」ことに対する虚しさは、消える......。

◇ ◇ ◇

不倫をしていると、男と女のセックスの関係になることって...
当然のように思われちゃうかもしれないけど、こんな10年の不倫もある。

これは、実際の相談メールをストーリーにして、書かせてもらいました。
これを読んだ時、どう思ったかな??

「男は何の目的で女と付き合ってるわけ?」
「相手を思うのならば、早く別れてあげるべきよ!!」

と、思ったかもしれないよね。
前にも言ったけど、セックスだけがコミュニケーションだと思ったら
「信じられない!」と思っちゃうかもしれない。
でも、あたしは思います。

セックスは、あくまでも愛する人達のコミュニケーションの1つに過ぎない。

アナタにとってセックスは、男と女のコミュニケーション方法のナンバー1
だから、セックスされないと不安になるし、愛されているか解らなくなる。
でも、彼にとってアナタとのコミュニケーションの重要性を
セックスに持っていっていないんじゃないかな。

人によって、好きな食べ物や嫌いな食べ物があるように
その人によって、好きなコミュニケーションがあって良いと思わない?

相手にとって、重要なコミュニケーションは別のものだって考えて
相手が自分と楽しんでいるコミュニケーションを探してみる。

その存在は、必ずあるから。
それを楽しむことで、相手との距離ってグッと縮まること出来る。

もちろん、セックスして欲しいと言う気持ちは女にもあります。
だから、まずは相手の好きなコミュニケーションを楽しんでみる。
その後だったら...遅いかな?

コミュニケーションって、一緒に楽しんでこそ、発揮されるものだから
自分の望むコミュニケーションを相手に突き付けるだけじゃなくて
相手の好きなコミュニケーションを思いっきり楽しんでみる。

「男はセックスのことしか考えてない!!」

何て言う声が聞こえそうですが...
セックスしないならしないで、あたしは素敵なことだなって思うの。
セックスだけしか考えていないであろう男と言う生き物が
セックス以外のことで、十分アナタと幸せになれる。
それができる女って、心の充足を与えられると言うことだから。
他の人では出来ない、アナタだけの幸せをもらっている。まさに

【アナタはオンリーワンの幸せを相手に与えている】んだよね。

それに...
男もセックスが出来ない、アナタに伝えられない理由があるのかも。
【二人が愛し合えるコミュニケーションは、二人だけの愛の言霊】

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://51musubi.net/koimusubi_system/mt-tb.cgi/78

アーカイブ